八月 2020
周日 周一 周二 周三 周四 周五 周六
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

臺灣

10/08/2017

2017年9月台湾旅行Vol.18:第4日

朝市に行ってからはホテルに戻って、休憩と思われるかもしれませんが、ここからさらにもう一ヶ所。行天宮站へ移動し、関羽公が祀られている廟へお参り。

そして一旦ホテルに戻ってチェックアウトして、荷物を預けて忠孝復興站のレストラン欣葉へ、この駅にはそごうなどもありお土産をここで買うべきだったとあとで後悔…。欣葉は駐在していたとき北京のオフィスの近くにあって何度か行きましたが、ほとんどお昼ごはんなので、お茶ももったいないので白水ですますという状態だったので、高級感がまったくなかったですが、この忠孝復興站のレストラン欣葉は高級感がかなりありました。味も良かったです。

エビはカリカリしていて美味。

この肉まんは甘みと肉の旨味が微妙で最高でした。

そごうの地下でおまけの抹茶ソフト!

そしてホテルで荷物を受け取って空港へ移動しました。

充実した4日間でした。

台湾の空港もe-ticketでのチェックインができました。安全検査もメインランドと違ってスムーズ。やはり台湾が好きになる駐在員が多いはずだと実感しました。

謝谢台灣!

2017年9月台湾旅行Vol.17:第4日

いよいよ4日目の帰国当日です。あとはホテルでゆっくりとして迎えの車で空港へ…  というところが普通でしょうが、台灣の松山空港は近いので12時のチェックアウトしてからでも出かけられます。
朝起きてまず雙連站の朝市に出かけました。

朝市は結構活気があっておもしろかったです。朝食を食べずに行ったほうが面白い場所かもしれません。

その18に続く。

2017年9月台湾旅行Vol.16:第3日

淡水でチャリで走り回ってかなり疲れていましたが、一度ホテルに戻って再度 劍潭站へ夜市に出かけました。士林の夜市といっても最寄り駅は劍潭站です。

名物の米酥鶏排を買ってかじりながら歩きました。


メイソーがありました。

美食区

プラスチックコップで乾杯

以前から食べたかった鲁肉饭ですが、残念ながらようやくありついたのが夜市のかなりしょぼい店になってしまいました。味はまぁまぁでした。

そして台湾最後の世は更けて行きました。

その17に続く

2017年9月台湾旅行Vol.15:第3日

故宮からバスで士林站に戻って、昼食をとりました。もうめちゃくちゃローカルなお店です。

なぜか炸醬麵

このあと淡水へ地下鉄で移動。レンタサイクルを借りて漁人碼頭,情人橋へ。
レンタサイクル借りるのにパスポートが必要ですので忘れないようにしましょう。

市営のレンタサイクルショップは駅の西側の海側の砂浜側にあります。ちょっとわかりにくいですが、パスポートを預ける事になりますので、やはり市営が安心。営業時間が7時までなので、時間厳守も必要です。パスポートないと困りますからね。


往復すると結構距離があります。


このあとスイーツを食べに大橋頭站へ出かけましたが、お店はほとんど6時にはしまっており止むを得ず、歩いて北門へ。北門から臺北車站まで地下道を歩きました。ここは大地下道ですごい長さ、ずーっと店が続いていました。(多分、核シェルターではないでしょうか)
この日の歩数は32700歩でした!

その16に続く

2017年9月台湾旅行Vol.14:第3日

故宮博物院宝物シリーズ


その15に続く

2017年9月台湾旅行Vol.13:第3日

故宮博物院の宝物シリーズ(デジカメ版)

その14に続く

2017年9月台湾旅行Vol.12:第3日

故宮博物院の中は寒いので、何か羽織るものを持って行くほうがいいと思います。私はヨットパーカーを持って行って正解でした。



その11の写真がiPhoneで12がデジカメです。




















しかし、政権の正当性を主張するためとは言え、よくこれだけのものをメインランドから持ってきたなと感心します。
歴史にもしもはないと言われますが、「蒋介石政権を対手とせず」などと言わずに和解の道を探っていたら・・・などと思いながら宝物を眺めていました。
その13に続く

2017年9月台湾旅行Vol.11:第3日

3日目にようやく本丸というか國立故宮博物院へ観光に行きます。朝早く行けばメインランドチャイナからの団体さんが少ないということなので朝早く出かけました。

善導寺站から臺北車站で淡水信義線に乗り換えて士林站で降りてバスに乗り換えます。MRTの1日乗り放題チケットにバスの乗り放題(ただし、バスは乗れない路線もある)のがあることを切符売り場の方に教えてもらってそっちを購入しました。

國立故宮博物院に到着。故宮博物院はフラッシュをたかなかれば写真撮影OKでした。


形石は台中へお出かけ中でした。

その12に続く

2017年9月台湾旅行Vol.10:第2日

九份への移動はマイクロバスかそういうバス系で他の人も一緒かなと思っていたら、黒塗りのカムリでした。ガイドさんと運転手さんと我々二人というちょっとリッチな小旅行でした。
ガイドさんの話だと日本人はほとんど個人旅行なので、最近はガイドとしての仕事が減っているとのことでした。確かに、海外に行ったことがある人だと台灣は絶対個人旅行になってしまうだろうなと思いました。何しろ安全で便利ですからね。でも、こういう形でガイドさんについてもらうと理解が深まります。

ガイドさんに撮っていただきました。

映画館












九份は確かに一度行ってみる価値はあると思いますが、写真を撮るポイントも一ヶ所だし、夜に行かないとダメだし・・・という点で制約が多いともいえます。台北から時間もかかりますし…。

あと、夜の写真を撮影して思ったのですが、iPhone7Plusのカメラの優秀さでした。1世代前のコンパクトデジカメじゃあ太刀打ちできないことを感じました。「9」で撮影したのがiPhoneで「10」がデジカメです。

ホテルに戻って2日目終了。その11に続きます。

2017年9月台湾旅行 その9:第2日

国父記念館周辺ではいい食事場所がなかったので、臺北車站に戻ってフードコートで腹ごしらえをし、一旦ホテルに戻りました。

紅焼牛肉麺

臺灣焼きそば

4時から、車で九份観光に出かけるためです。九份に関してはハローツアーのオプションで送迎がついていたのでそれを選びました。

九份(以下写真が続きます)

阿妹茶馆館、ここしかみるところはないといえます。(T_T)


ツーショット(おまけ)

その10に続く