九月 2020
周日 周一 周二 周三 周四 周五 周六
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 2017年9月台湾旅行 その2:中華電信のSIM | Main | 2017年9月台湾旅行 その4:第1日 »

10/07/2017

2017年9月台湾旅行 その3:第1日

台風で50分ほど遅れましたが、無事台湾に到着。
途中富士山がきれいに見えました。


まさに台風一過で富士山も綺麗に見えました。普段、通路側の席を取る(トイレが近いので)のですが、こういう日は窓際もいいですね。
台灣もノービザで入国可能だけど入国カードの記入が必要です。でも、オンラインで事前に登録しておくとスムーズに入国できます。
<関連リンク>
台灣の入国管理
arrival card

到着後イミグレーションで並んでいると入国カードの記入が終わっているかを係官が事前にに聞いてくれるので、「オンラインで手続きした」旨を説明すればOK。
両替は税関検査を通って外に出る直前にもありますが、出てすぐのところにもあります。
外に出てからの方が若干レートが有利だったような記憶あり。ただ、中の方が空いてました。
大金を両替するのであれば市内の銀行でということになるんでしょうが、そうレートを気ににする必要もないかと思います。必要な金額をとりあえずしておけばいいでしょうか。

今回は羽田→臺北松山だったので、市内までは近距離でした。さらに、一応ハローツアーなので、空港までの送迎ありでした。
何しろメインランド中国に駐在していたので、空港からのタクシーであまりいい思い出がない・・・ので、はじめての台北だったしということで車の手配を頼んだのですが、そんな心配は不要でした。

ホテルはシェラトン・グランデ臺北(臺北喜来登大飯店)を予約。土地勘がなかったので、台北駅近くで最寄駅のMRT板南線の善導寺駅(站)からすぐということで選択しました。シェラトン・グランデ臺北は日本語も通じるようなので、万一の時も安心といえます。まぁ、台灣は親日国(敢えていうと)なので、英語が少し話せて紙と鉛筆があれば筆談でなんとかなりますし。

迎えの車に乗って無事ホテル到着。ホテルのチェックインは3時からだったのですが、2時過ぎにホテルに到着してしまい、チェックインを先に済ませて、部屋が利用できるまでラウンジで休憩しました。ホテルを予約する際には、グレードをラウンジを使えるクラスにしておくのが、おススメです。観光から帰って来たときや、知人と会う際に利用できることを考えるとかなり便利で、今回もフルに活用しました。

今回の台湾旅行で事前に読んだり読み返した本とガイドブックです。

で、いよいよ観光開始です。まず、二二八記念館と國立台灣博物館目指して出発しました。MRTの善導寺站から一駅の臺北車站で乗り換えて、臺大醫院站までMRTで移動しました。MRTに乗る際は、小銭か100元を用意しておく必要があります。
行き先までの料金を調べて自販機に料金を入れるとプラスチックのコインのようなのが出てきます。
<関連リンク>
台北MRTについて

無事淡水信義線の臺大醫院站に到着し、二二八記念館に到着するも休館、同じ和平公園の敷地内の國立台灣博物館に行くとこちらも閉館、ネットで検索してみるとなんと博物館などは台灣月曜日が休館日でした。哎呀!

ちゃんと調べてないからだと奥様より怒りの💢言葉をいただきながら、急遽臺北101へ行先を変更し、臺大醫院站からMRTに乗って中山記念堂站で乗り換えて臺北101/世貿站へ移動、まだ夏の名残を残して日が長いので十分移動できました。

その4に続く

« 2017年9月台湾旅行 その2:中華電信のSIM | Main | 2017年9月台湾旅行 その4:第1日 »

臺灣」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2017年9月台湾旅行 その3:第1日:

« 2017年9月台湾旅行 その2:中華電信のSIM | Main | 2017年9月台湾旅行 その4:第1日 »