八月 2020
周日 周一 周二 周三 周四 周五 周六
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | Main | 2017年10月 »

2017年9月

09/30/2017

2017年9月台湾旅行 その1:台風一過

わが奥様のお誕生日と結婚記念日の狭間を利用して台湾に行ってきました。

往路は9月18日の午前のNH851便 羽田10:05発の台湾台北市松山空港行きの便を利用しましたがこの日は台風が九州に前日に上陸し、そのまま日本列島を縦断というかなり際どいタイミングでしたが、台風は途中から偏西風に乗っかって、翌朝には東北沖の日本海に抜けるという我々にとって奇跡的な動きをしてくれました。Photo
当日は夜中の2時頃に目が覚めてしまいましたが、風は吹き荒び雨の窓に打ち付ける音もすごくて、このままじゃ飛行機は飛ばない(午前便でしたし)んじゃないだろうかという感じでした。ただ、夜が明ける頃には雨はかなりおさまってきて、時折突風が吹くという状態にまで回復。
駅までタクシーで行こうと思っていましたが、タクシー会社に電話したら(前日はこの台風状態では予約はできないといわれました)、タクシーは無いという返事。まぁ、タクシーは基本料金の1メーターなので来てくれないのも仕方ないとあきらめ、歩いて駅まで行くことにしました。
雨もやんでたので、歩いてもしれてるので。
雨が降っていたら、一旦家内と荷物を駅まで送って家に戻り、小生だけが歩いていけばいいかなとも思っていましたが、雨も上がったのはラッキーでした。
空港までの鉄道は順調でした。風が強いと江戸川を渡るJR常磐線がとまる事が多いのですが、その影響もありませんでした。空はまさに台風一過で真蒼でした。

09/07/2017

高論卓説に寄稿して2年経過

掲載していただいたのが、2015年の8月からですから2年が経過しました。

日本に戻ってから4年が経過し、来年の5月には定年・・・。

早いものですね。9月の18日から台湾(台北)に遅い夏休みを取って遊びに行きます。実は台湾に行くのは今回はじめてです。
ふたつの故宮博物院 (新潮選書) 野嶋 剛
台湾―四百年の歴史と展望 (中公新書)    伊藤清
台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい 蔡 焜燦
街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)     司馬 遼太郎
BRUTUS(ブルータス) 2017年 8/1号[台湾で見る、買う、食べる、101のこと。
慌てて読んでます。

« 2016年8月 | Main | 2017年10月 »